アルバイトの面会に行ったら即抜擢

おかしい。何かが楽しい。
己は現下、アルバイトの面会に来ているんだが、なんだか面会で指定された住所が……。
「何あの人……変質輩?」「ねえ、誰か報告しなくていいの?」
「……」
女房塾生からの目が辛い。そんなに、指定されたのは女房校の校門先ほどだった。さすがオレのようなまん中年男が立ってりゃ際立つ。
でもそこに女医らしい美女がやってきた。
「なるほど、あなたが面会の?待たせてゴメン。ええ、面会はパスよ」
「あー、己、いえ、ぼくは軽登録非常勤の面会を申し込んだ筈なんですが」
「はい、間違ってないわよ」
「なんでに面会のランデブーをマミー学校の先ほどで?!」
「ふふ、ほんとに原因は後話すわ。さ、まん中へ入るわよ」
己は彼に連れられ、中で原因を聴く実例に。なんでも己に居残る試薬賜物のモニターをやると言う。それは、
「これを飲めば無制限に射○したり、ザーメ○が加算したりする……って本気ですか!?」
「うん、で、パートナーはこういう学院の女房陣ね」
「JKがパートナー!?」
そんなふうに、こういう学院は「性教育実験科」という特殊な学科が残るらしく、性に関する見聞・遭遇を見に作る辺りらしき。だから、
「あ、あの……よろしくね」
「わ、僕で良ければその……好きにしていいですから」
己はやりたい放題叶う目的か!!?
読物作品は父親スペック作で、JKとエッチしまくるお伝え。
ハーレム乱交品物ですね。主役は冴えないまん中年男。でも、テンプレートに選ばれ、バイタリティー補強剤を飲んだ事で、三国一のペニ○とバイタリティーを手にした主人。
そういった主人を女房自らパートナーができるはずが無く(絶倫・無指定バイタリティーシチュエーションなので)、学校まん中の女房と、女医がパートナーをすることに。それほど、こういう作では女医くんともエッチ有様があります!彼との有様は多くない品物の、豊満な胸を使って分ずりしてくれます。しかも女塾生が仰山見ている中で。
こんな熟マミーとの絡みはさておき、案の定女塾生陣との絡みも濃密。しかもパートナーは学校の奥様と一律。メインの乙女が何人か掛かる品物の、主人公の総締めはこの手の作では最多!?メチャ多いです。
「自分は……講座で仕方なくやってるんだからね……か、勘違いしないでよね!」
なんてツンデレな事を言いつつも主役に抱かれる乙女や、
「こんな熱く擦っちゃ……変になるぅ……」
小柄な身体の乙女など、種類。きっちり好きなライン・気構えの輩が独力は掛かるはず!
読物作品はHandy漫画で配信まん中!
なによりも金額が安っぽい!コスパが良いのでできるだけ!
これは善悪一度、テンプレートを読んでみてください!後悔しない出来ですよ!
フルーツ青汁